ram-cafeクラブ

今どきニュース・旅行記・大学生&社会人の子ども情報など、50代女子のよろずブログ。

カタール航空、そりゃないでしょ・・

2月末にパリ行きのビジネスクラスの航空券2枚を購入していました。 毎度の母子3人旅で、ひとり分は特典航空券でおさえていました。 ところが、コロナの影響で泣く泣くキャンセルをする羽目になり、5月の初めにメールでキャンセルを申し出ました。 航空会社は…

Go Toキャンペーンについて

Go Toキャンペーンが始まった先週の4連休は、ほぼ何もせずに過ごしました。 近所のうなぎ屋に出かけ、大好きな白焼きを食べたことと、ショッピングモールに出かけたことくらいでしょうか。 ショッピングモールではディズニーストアに入りました。 このショッ…

ウイルスがやってくる・・

なんとまあ、娘のバイト先、発熱が続いて、PCR検査を受けることになった人がいるそうです。 昨日の夜、バイトから戻ってきて、話を聞きました。 濃厚接触者は3人。 感染疑いのある方と15分以上の接触をしている人が濃厚接触者と認定されるんだと職場の人が言…

欲しかったミニコンポ♪

特別定額給付金10万円をどのように使うかは、夫のたったひと言ですでに決まっていました。 「俺、ゴルフクラブ買いたいから、皆自由に使おう」 我が家は私と子どもたちふたりと、同居の夫の4人暮らし。 先月夫の口座に計40万円が振り込まれました。 さて、振…

コロナの感染者数増加で思うこと

前に書いた私の記事は、タイトルのごとく邪径で終わったようです。 国を開きやすいように、政府が操作をして感染者数を2桁に抑えておく必要があり、判を押したような数字を数日並べているんだという私の推測。 見事に「駄」だったようです。 あれよあれよと…

中島みゆき~誕生

私には就活浪人の息子と大学生の娘がいます。 同居人としての夫もいます。 この夫のことで、子どもたちには話せない悩みや苦しみもありはしましたが、半分くらいの辛い部分については、子どもたちとも共有してきました。 3人で荒波を乗り越えてきたし、3人で…

フランス旅行に行きたいんですけど・・

さかのぼること5ヶ月前、1月中旬。 昨夏に超絶最高のアメリカ旅行を堪能した私は、なかなか次の旅先を決められずにいました。 アメリカ旅行がこれまでの旅行の中のてっぺんになってしまい、何かの達成感に包まれてしまっていたせいで。 いつもなら、旅行後し…

最近の新型コロナ感染者数について私的推測~邪径

私たち親子は今年の9月に、初のフランス旅行を計画していました。 しかし・・憎しコロナのせいで、先月航空券の解約をさせられる羽目となりました。 それでもあきらめがつかない私。 最近になってまた10月の特典航空券をとりました。 たぶんたぶん、これが本…

息子の就活⑦

ここでようやく、今回のシリーズの初めに書き出した「国家公務員」というワードに結びつくことになります。 息子は案外早く、大手企業への再チャレンジをあきらめるという答えを出しました。 自分を見つめなおしてみると、今の自分では最終的に内定までは届…

息子の就活⑥

さて息子、とりあえずなけなしの内定をもらった企業に就職するということは、選択肢から外しました。 息子が不器用な人間でなくて、営業トークができるスマートさを持ち合わせていれば、置かれた場所で咲くことも勧めていたとも思います。 でも彼は、それが…

息子の就活⑤

就職浪人。 浪人することの意味はなにか。 よほど目指したい職業、意中の企業があるという場合にというのが順当な答えのような気がします。 大学受験での浪人と同じで。 でも我が息子の場合は、そうではありません。 就活に不真面目に向き合ってきた結果、希…

息子の就活④

とうとう首都圏も宣言が解除され、コロナ禍以前に戻すための時が刻まれ始めました。 人々はどのようにこれを捉え、考え、動いていくのでしょうか。 「一律」からもともとの「多様」へすぐに戻れる人と、そうでない人と。 入り混じりながらも、人はこれまでと…

息子の就活③

フランスの事情は日本よりも厳しそうです。 5月11日に緩和に向けての動きがありましたが、パリのカフェや美術館などが開放されるのは、まだまだ7月以降になりそう。 9月のパリ行きは、半ばあきらめムードになってきました・・ そもそも、このウイルスはこん…

息子の就活②

なんとも。 国家公務員総合職試験がこのコロナ禍のせいで2度目の延期となりました。 ということは、一般職試験も延期となり、フランス旅行の日程にまでくい込んできそうな気配が・・ どうなっちゃうんだろう。困るんだけど~ とはいえ、旅行自体ができるかわ…

息子の就活①

5月になりました。 私の誕生月でもある、大好きな新緑の季節です。 新しい緑の葉っぱって、なんて綺麗なんでしょうね。 今のこの窮屈なコロナ禍なんて嘘なんだよって、自然の恵みは優しく語りかけてくるようです。 目下の私の憂いは、9月に予定しているフ…