ram-cafeクラブ

50歳女子です!主婦目線で、知っておくとお得なお役立ち情報、クレカやお小遣いサイトの情報、おすすめしたい品々、旅行記などをお届けしていきます(ディズニー関係の記事は別のブログに移動しました・・)

海外留学のカードは、クレジットカードかデビットカードか

ヨーロッパは行くはずだったのに行けなかったので、まだ未体験の私。

行くつもりではあります、はい。

なので実際のヨーロッパはわからないのですが・・欧米はカード社会です。

露店ていうんでしょうか、よく道端にあるちょっとしたお店。

アメリカでは、ああいうところでも普通にカード決済ができます。

現金を持ち歩くことは極力少なくなりますね。

チップがあるので、多少の1ドル紙幣が必要ですが。

 

日本人の私は若い頃からクレカ主義です。

スーパーでは100円のものまでクレカを使います。

100円でサインをしなければならないお店もあり面倒なこともありますが、小銭をガチャガチャするよりはいいです。

よくクレカは使い過ぎちゃって怖いという話を聞きますが、日々の生活の上ではそれほど感じません。

毎月ほぼ決まったような額が銀行から引き落とされます。

日常的に使うお金って、毎月そうは変わらないですね。

確かになんとなくお店めぐりをしていて、いいものを見つけて、買うか買わないか迷った時に、クレカだと買っちゃうかもしれません。

ここを怖いと言うなら怖いかも。

でもこれはもう心持次第。

私なんぞは、使っちゃうと困ると思ったら出歩きません。

使ってもいいぞと思う時に出かけていきます。

今はネットショッピングの時代でもあるので、クレカはあった方が便利ですね。

海外に行くならなおさら、カードを持っていない人は作っていくべきだと思います。

おつりとかわからない時ありますし。

キャッシュよりも安全で、楽チン。

それにカードには何かの時のための保険が付帯していますから、わざわざ海外旅行保険に入らなくてもいいです。

 

我が家の娘ももしかしたら留学という話が出ています。

彼女は現在、JALカードVISAとJCBクラスカードの家族カードの2枚を持っています。

そしてもう1枚、デビットカードを持っています。

クレカとデビットカード

クレカの場合は、後日請求され、口座から引き落とされるのに対し、デビットカードは即日銀行口座から引き落とされます。

娘は先日バイト代の振込口座として、三井住友銀行SMBCデビットカードVISAを作りました。

VISAかJCBということなら、迷うことなくVISAがいいですね。

JCBアメリカでも使えないところが結構ありましたから。

www.ramcafe.club

デビットカードは国内でも海外でもショッピングもできるし、国内でももちろん、海外でもATMで外貨の引き出しができます。

クレカとは違い、口座の残金以上の買い物はできないので、無駄遣いの抑制ができるというメリットもあります。

 

我が家の娘の場合は―

本人名義のクレカカードは自分の欲しいもの、好きなものを買いたいときに。

家族カードのクレカを使う場合は、親が負担するべきものの支払いに。

日常的にはデビットカードで生活をする。

このパターンが留学の場合はいいかなと思っています。

 

クレカに比べてデビットカードは種類が少ないようですが、審査がないので手数料や還元率などをよく考えて、デビットカードを選ぶ人が最近はとても多いようです。

クレカの方は非常に種類が多いので、自分の普段の生活に合わせたものを選ぶのがいいですね。

マイルを貯めたい、ネットショッピングで得をしたい、買い物に行くスーパーがほぼ決まっているのでそこで得をしたい・・

様々な目的がありますね。

いちばん得な方法は人によって違いますから、自分に合ったものを選ぶのがいちばん。

とりあえず1枚、年会費無料のクレジットカードを作ってみてはいかがでしょうか。