ram-cafeクラブ

50歳女子です!主婦目線で、知っておくとお得なお役立ち情報、クレカやお小遣いサイトの情報、おすすめしたい品々、旅行記などをお届けしていきます(ディズニー関係の記事は別のブログに移動しました・・)

マルカメムシの撃退法!!これで完璧です!

この記事を読みに来られた方は、すでにマルカメムシをご存知ですね。

そして、とーっても困っている人ですよね。

マルカメムシは大量約5ミリほどの小さな黒近いこげ茶色のカメムシです。

テントウムシのようなカメムシですね。

 f:id:route66ram:20181025211202j:plain

マルカメムシの特徴は―

■10~11月の天気のいい日に出没。

■朝9~10時ごろに飛来して、夕方4時ごろには退散する。

■なにしろ日当たりのいいところが好き。

■なにしろ洗濯物が好き。とくに白いものが好き。

■刺激を与えると何とも言えない臭いを出す。

 

我が家は毎年10月になるとこれに悩まされています。

いつもほぼ午前9時前に2階の4畳ほどのベランダで洗濯物を干します。

その時にも結構いるなあという感じ。

でも、以前午前10時過ぎてから干し始めようとした時には、恐ろしい数のマルカメムシが居て、鳥肌が立ちました。

年々その数が増えていっている気がしますし、洗濯物に付く数も確実に多くなってきました。

洗濯物を取り込むときに、普通に埃を払うために洗濯物を振ったりパタパタと叩いたりしますよね?

最近のマルカメムシはそんな普通に払ったくらいでは、くっついて離れないのが多くなりました。

以前も1~2匹くっついたまま取り込んでしまうこともシーズンに数回ありましたが、最近は何匹もくっついていたり、爪ではじかなければ飛んでいかないほど図々しくなってきていて、わからずに結構な数の彼らを家の中に入れてしまいます。

家の中で発見した際は、すぐにトイレットペーパーでつまんで、トイレの便器に流しています。

潰してしまうと臭いを発するので、そっと処理します。

おそらく、最近洗濯物から離れない原因は、柔軟剤の香りが強くなったことじゃないかと私は考えています。

この時期だけ、香りの少ない柔軟剤に代えるのもいいかもしれませんが、どちらにしろ飛来してくる数は多くなりましたね。

f:id:route66ram:20181026111645j:plain

 

 

さて!

それではさっそく我が家の撃退法をお教えしましょう!

まずは一般なものから。

この「カメムシいやよ」は、私は使ったことはないのですが、メジャーなものですね。評価はいいと言う人も、悪いと言う人もいて、分かれていますね。

吊るしておくだけでいいそうで、効果は2か月 ということです。

マルカメムシの数が少しでも減ればいいというつもりで、購入してみてはいかがでしょうか。

 

 

それでは我が家の撃退法です!

ズバリ、蚊取り線香!!

文字の色も蚊取り線香色にしてみました♪

これは効きます。

はじめは普通の蚊取り線香

これは12時間用のもの。

朝干すときに、一緒に線香に火をつけてベランダの床に置いておくと夕方までもちます。

これまで数えきれないくらいのマルカメムシと戦ってきました。

マルカメムシの死骸は、ベランダに今もたくさん横たわっています。

マルカメムシ臭もまだどことなく残っています。

でもようやく蚊取り線香のおかげで、この戦いが終わることになりそうです・・涙

ただ!難点が・・

蚊取り線香の煙の臭いがどうしても洗濯物についてしまうのです。

まあ、マルカメムシとの戦いに比べたらそんなのはへっちゃらなんですがね・・

というわけで、もうひとつ紹介。

煙もにおいも少ないこちらの蚊取り線香

これならすべて解決しますよね!

 

そして念のために部屋に入ってしまったカメムシをそのまま永眠させるために、部屋の中にはアースノーマット。

家に入っていたカメムシが部屋の隅で死んでいたことがありましたが、これのおかげだと思います。

我が家は虫刺され防止のために、夏前からこれを各部屋に設置していて、このマルカメムシシーズンまで使用しています。

 

まとめ・・・

マルカメムシ撃退法、これで完璧じゃないでしょうか!

念のために言っておきますが、1匹も見かけないというわけじゃありません。

数匹は見かけますし、洗濯物にも隠れていたことがありました。

でも明らかに激減です!

どうぞ試してみてくださいね♪

 

<注意>

蚊取り線香は火を使うものなので、くれぐれも火事にならないようお気を付け下さい