ram-cafeクラブ

50歳女子です!主婦目線で、知っておくとお得なお役立ち情報、クレカ情報、大学生情報、旅行記などをお届けしていきます(クラブ33やディズニー関係の記事はhttps://66.ramcafe.club/へ移動しました・・)

年末調整について~主婦目線で

f:id:route66ram:20181205113915j:plain

みなさんもうすでに、今回の申告書は会社に提出済みだと思います。

すんなりと記入はできましたか?

毎年のように申告書の書式が変わる上に、今年は3枚になっていました。

「平成30年分 給与所得者の配偶者控除等申告書」は、昨年は無かったような・・

マイナンバーもそうですが、毎年変わる申告書を見ると、国はなんとかして少しでも税金を搾り取っていこうとしているんだな~ということを感じます。

国民から1円でも多く搾取する工夫よりも、集めた税金の使い道を上手にする工夫をしてもらう方がよほど国を守ることにつながるような気がしますがね。

収入が少ないのに支出ばかり増やそうとしているんですからね。

 

さて、申告書の話。

申告書の書き方は、今はネットを見れば大まかにわかります。

検索をかけると、ご主人が会社員、その配偶者の奥さんがパート先からお給料をもらっているというパターンを想定して、丁寧に書き方を解説していただいています。

我が家はパターンがちょっと違うのでその例が少なく、いつもガンガン検索して調べる羽目になります。

また今年度中の私の収入の見積額というのも不確かで、なかなか記入するのに手間がかかります。

そして最後には毎年、税務署に書き方を聞いています。

 

というわけで、今回の申告書についてもいろいろ私なりに調べたり聞いたりしたことがあるので、少しですがそれをご紹介したいと思います。

そんなこと、みんな知っているよ~的なことでしたら、あしからず。

 

 

そもそもこの申告書たちは・・

1年分のご主人の納めるべき所得税を決定するためにあります。

毎月のお給料から所得税が差し引かれていると思いますが、この毎月の金額は決定額でなく大まかなもの。

年末にどんと1年分の税金を納めるなんて恐ろしい額になるので、会社側がその分をストックておいてくれているのです。

そして年末に、その家庭ごとにこれもこれも控除して~という要望をこれらの申告書にまとめて書いて、それを基にして税金を決定するという仕組みです。

単純に、書く項目が多ければ多いほど、税金が安くなると思っていいと思います。

この申告書はあくまでもご主人の会社の担当者が見てチェックするもので、これがそのまま税務署にいくのではありません。

要するにメモ書きのようなものなので、間違えたら2本線で訂正すればいいし、多少汚くなってもきちんと数字や文字がわかれば大丈夫です。

会社側がこれを基にひとりひとりの所得税を決定するのが年末調整というもので、大まかに会社側がストックしていたものが多かったとすればその分が返金されます。

逆に少なかったという場合もあり、その時は徴収されてしまいます。

大概は目安額は高めになっているので、返金される人の方が多いようですね。

 

平成31年分 給与所得者の扶養控除等申告書について

f:id:route66ram:20181205113855j:plain

ここで真っ先にひっかかるのが31年という文字。

他の2枚は30年ですよね?

そうなんです、この申告書は来年用のものなんですね。

先程、毎月会社から所得税が目安の金額で引かれているという話をしました。

これはその目安額を設定するための申告書なんです。

来年あなたの家庭はどんな状況なんですか~と聞いているんですね。

30年度は奥さん働いていたけれど、来年やめちゃう予定はないですか?

自分らの親など、同居する家族が増える予定はないですか?

お子さんが学生から社会人になるとしたら、所得の見積額が増えませんか?

あくまでも目安額を決定するためのものなので、これで全く違うことを書いたからと言って誰かから怒られることもありません。

ただ、大幅に予想と現実が違うことになってしまうと、毎月目安で天引きされている所得税額が大幅に変わってしまい、年末に戻ってくるならいいのですが、逆に大枚を徴収されるということになったら結構なショックを受けますよね。

この申告書は来年の年末調整用に用意された、来年の予定を書き込むための申告書なんですね。

 

平成30年分給与所得者の配偶者控除申告書について 

f:id:route66ram:20181205113823j:plain

これは今年の所得の見積額を記入します。

今年はご主人の所得の記入欄ができて、その所得と配偶者の所得によって控除の金額がかなり細かく変わってきていますよね。

配偶者特別控除の上限が引き上げられたのはいいですが、配偶者の所得が85万円を超えると、5万円ごとに控除額が違っています。

まだ12月まで1ヶ月以上残っているという段階で自分らの所得を記入するわけで、当然実際の額と異なる数字を書いてしまうこともあり得るわけです。

たとえば、95万円と記入したのに、実際の額は12月を終えたら105万円になってしまったとします。

ご主人が900万円以内の場合、奥さんの収入が10万円違うと、控除額が10万円違ってきます。

少なく書いておけば主人の所得税も少なめになります。

「ま、このままでいいか♪」

なんて軽く考えていたら、とんでもない!

税務署はちゃっかりそれを言ってくるんですって。

しかもご主人の会社に。

これが税務署の扶養是正調査というらしく、2~3年以内に税務署から会社に通知が行くということです。

特に大学生のお子さんで、アルバイト所得が実際103万円以上あるのにもかかわらず、適当な数字を書いてしまった場合など。

アルバイト先から正確な数字が税務署の方に届くのでそれで判明してしまい、是正調査が入ります。

会社側から、しかも2~3年後に発覚して支払ってくださいって言われるらしいので、結構嫌な気分になりますね。

で、もしも自分で誤りに気付いたのなら、年が明けて1月中にご主人の会社に再年末調整をお願いするか、自身で確定申告をすればいいということです。

会社に迷惑かけるよりもそっちの方がいいかなと思います。

毎年いろんなふうに書式が変わることをやめてもらえば、こういった面倒なことも少なくなるのにな~と思うのですがね・・

 

今回は少しだけですが申告書について書いてみました。