ram-cafeクラブ

50歳女子です!主婦目線で、知っておくとお得なお役立ち情報、クレカ情報、大学生情報、旅行記などをお届けしていきます(クラブ33やディズニー関係の記事はhttps://66.ramcafe.club/へ移動しました・・)

娘の成人式 ~ラスト~

着物が決まりました。

70万円の着物・・

ちなみに今回は、この金額からプランの着物料金分(15万円)を引いた金額の半額ということですが、成人式にこの着物を着る場合は、この金額のままでお借りし、他に必要な物が上乗せされて、撮影・メイクは別料金とのこと。

ということは成人式で借りる場合、70万円以上は確定ということなんですね。

ひや~、お高い!

 

さて、帯をつけて、草履やバッグもセットしての写真がこれです。

f:id:route66ram:20191121084128j:plain

うん、素敵です!

これに仕上げるのに、通常無料レンタルのものも有料のものにレベルアップしたり、伊達衿も半衿も、とことん高価な仕様に。

バッグと草履のセットは、無料のレンタルのものだと無地で素っ気ないものだったのですが、写真のものだとなんと35000円がプラスされ、豪華なものになります。

どんどんと追加料金が加算されて、途中からはもういいから好きにしてちょーだい!的な気持ちになりました。

そして今回の総額は―

550,800円也!

予算はいくらでしたっけ・・

あまった枠で時計を買うんじゃなかったんでしたっけ・・

この時点で娘に、「時計、なくなっちゃうんだけど・・」と耳打ちしたら、「しゃーない、しゃーない!」というあっけらかんとした返事。

もう、時計のことは娘の頭には無いようです。

ま、それならいいか・・

 

少し離れた左横で、同じように振袖を試着している母娘がいました。

彼女らの前には、初めから数点の着物が床に置かれていました。

そうか、きっともうすでに予算や好みを伝えておいて、その中で選んでいるんだ。

これが賢いやり方・・

まさかの50万円越えを目の前にして、お隣の母上に比べて、自分が無能な母であるという気がして、なんだか娘の晴れ晴れとした気持ちに追いつけない私がいました。

1日で55万円を使ったという下向きな気持ちは、それからもネチネチと続き、なかなか消えませんでした。

数日後、実姉に会って金額を話して、ようやくその気持ちが少し薄くなった気がしました。

それも、撮影当日にはそれがすべて払拭されることになるんですがね・・

 

ちなみに、今回のロケーションプランの 金額(税込)の内訳です。

・ロケーションプラン  181500

・着物レンタル      (770000-165000)÷2=302500

・帯レンタル      無料

・帯〆レンタル     5500÷2=2750       

帯揚レンタル     5500÷2=2750

・伊達衿販売      10800

・草履・バッグレンタル 38500÷2=19250

半衿販売       25850

・着付用小物類     プレゼント

・和装用ブラジャー販売 5400

これで当日は渡された小物類と補正用の浴用タオル、髪飾りを持参して、着付けの場所まで行くだけとなります。

髪飾りは撮影日が迫ってきて、慌てて近くの呉服屋さんで購入。

f:id:route66ram:20191122092116j:plain

こんな小物なのに、13000円もしましたよ。

ネットでもたくさん売っていますね。

実際見て購入する方が、大きさや色味などイメージがわきやすいのですが、意外となかなか決まらないんです。

あえて、ネットでピンと感じたものを即購入という方が、自分や着物に一番合ったものを買えるんじゃないかなと私的には感じました。

 

さて、今回のロケーションプランを説明します。

撮影場所は、東京築地の料亭「つきじ治作」。

http://www.jisaku.co.jp/

素敵な日本庭園があり、料亭ウェディングも数多く手掛けているようです。

三越グランジュールで借りた娘の着物は、治作の近くにあるbittersweetという貸衣装店に届けられ、こちらで当日着付けとメイクをすることになります。

bittersweet 築地

http://www.bittersweet.co.jp/

当日は午前10時にbittersweetへ。

ノーメイクで来てくださいとのこと。

1時間強で支度を終え、わずかな距離ですが着物では歩き辛いので、治作までタクシーで移動。

撮影は11時半からスタートして、約1時間。

その後はまたタクシーでbittersweetに戻り、着替えをして終了ということです。

タクシー往復料金はプランに含まれています。

2週間ほどで、30カットのデータの入ったDVDを渡されることになります。

それを自分でアルバムにするなり、プリントアウトするなりといったかたちになります。

 

 

 

さあ、いよいよ撮影当日です。

お天気は最高の「佳き日」!

家族写真も撮っていただけるということだったので、私と娘はbittersweetへ向かい、他の家族は11時半の撮影に間に合うように治作へ。

私もスーツを持参して、bittersweetでお着替えさせていただきます。

bittersweetはつきじ治作さんと提携している婚礼専用の貸衣装店のようで、店内もこんな感じで飾り付けが。

f:id:route66ram:20191123080145j:plain

 

奥の部屋で早速娘のヘアメイクがはじまります。

ヘアメイクが終わった時点で私も呼ばれ、隅の方で私もスーツに着替えます。

ちょっと残念だったのは、娘の髪型。

娘はおまかせでお願いしたようで、前髪も後ろもアップにしたのはいいのですが、娘は髪が短く、量も少ないため、なんだかボリューム感が無く、ゆで卵のような感じで仕上がっていました。

なおしてくださいとも言えず、まあ親としてみたらこれもかわいいかなと妥協し、これで着付けに入ります。

 

そしてとうとう、20分ほどで娘が奥の部屋から出てきました。 

f:id:route66ram:20191123211947j:plain

いやあ、いいです!

そしてタクシーに乗り込んで、いよいよつきじ治作へ。

bittersweetのスタッフのひとりが一緒に付き添ってくれます。

 

治作の立派な門では、すでにカメラマンの女性がスタンバイしていました。

家族もそこで合流。

撮影が始まりました。

まずは門の前で。

f:id:route66ram:20191123212457j:plain

そして少し奥に入って。

f:id:route66ram:20191123212557j:plain

もうこのあたりから、この着物の美しさに魅了され、1日で55万円を失ったという下向きな気持ちは、あきらかに満足感に変わっていきます。

失ったんじゃない、いい買い物だった。

この着物を選んでよかった・・

 

撮影は店内へと進みます。

f:id:route66ram:20191123212950j:plain

f:id:route66ram:20191123213143j:plain

美しい庭園とのコラボです。

f:id:route66ram:20191123213339j:plain

家族写真も各場所で撮ってもらえ、自分たちのスマホでも数えきれない程撮影しました。

息子の20歳の時には撮れなかった写真も、母子ともにきちんとしたスーツ姿で写真を撮ることができ、本当に大満足の1日になりました。

 

撮影を終え、bittersweetに戻ります。

着替えをしながらスタッフと雑談。

「実は20歳の記念に時計を贈るつもりだったけれど、これに化けちゃったんですよ」と話すと、「それはいいことでしたね。だって時計は何歳になっても買えるけど、20歳のお祝いの写真はこのときだけのものですからね。」と返されました。

そうか、そうなんだ。

そういう思考か。

私のなかで、まだしぶとく抱き続けていた時計やパールへの執着が、完全に消え去りました。

そして、「とてもいい着物を選んでいただいたので、着付けも非常にしやすく、素敵に仕上げることができました」と言われ、すべてが流れるように、この上なく晴れやかな気分へと完結したのを感じました。(←単純)

もう1ヶ月も経っているのに、こうしてブログを書いていると、今もまだあの場所の空気を覚えている自分がいて、幸せな気分に浸れます。

 

 

最後に、今後成人式や記念の撮影を考えている人へ、当たり前のようなアドバイスを。

 ・髪はなるべくショートは避けるよう、撮影を決めたのなら伸ばしておく方がいいです。

・ゆずれない着物の予算があるのなら、試着前に必ずスタッフに伝えておくことをお勧めします。

・あらかじめ、こんな形に仕上げたいというスタイルを思い浮かべておくことも必要です。

・撮影当日までに不明なことはしっかり問い合わせをしておくことです。我が家のように貸衣装店と着付けが違う場合、窓口の貸衣装店ではなく、実際着付けやメイクをしてくれる業者に直に電話をしてください。結構当日の内容が違っていたりしますから。

 

  

母娘で本当にやってよかったと、心から思える体験でした。 

ロケーション撮影、お勧めします!