ram-cafeクラブ

今どきニュース・旅行記・大学生&社会人の子ども情報など、50代女子のよろずブログ。

はじめてのバケーションパッケージ♪ ~前編

6月6日、とうとう東京ディズニーシーの新しいエリアがオープンしました。

ファンタジースプリングスといって、ディズニー映画である「アナと雪の女王」、「塔の上のラプンツェル」、「ピーターパン」を題材にしたエリア。

東京のディズニーはもうお腹いっぱいとなり、世界のディズニーも複数回体験して、すでにディズニーの世界からは卒業していた私ですが、なんとなく行ってみようかという軽いノリで、子どもたちに話してみると・・

そりゃもう、行っちゃおうということになりました。

またもや、マジックにひっかかっているアホな母です。

まあね、このエリアがオープンしたら、いつか行こうねと言っていたわけだし。

今無職中の娘も、イタリアへは行くお金が無いけれど、時間はたっぷりあるということだし。

家族の中で唯一、未だディズニーの泉水に足を浸していて、大学時代のディズニーサークルメンバーとも、ずっとつるんでいる息子が喜ぶのは間違いないことだし。

言い訳は、こうしてつらつらと出てくるもので。

そんなこんなで、ここ1ヶ月くらいの間、せっせとディズニー計画を進めていました。

まあ、ディズニーリゾートに関しては、アメリカもそうですが、2年ほどブランクがあると、いろんなふうにシステムが新しくなっていて、以前のやり方を思い出すのも、新しい仕組みを覚えるのも、ご老体にはもう大変なことで。

例えばね、ディズニーホテルに宿泊すると、ハッピーエントリーといって、15分早く入園ができる特典があるのですが、以前と違ってディズニーホテルの中でも、下位ランクのホテル宿泊者の場合は、ランドのみが適用となっていたりして。

しかも、6月6日以降当面の間は、シーのアーリーは、新ホテルとミラコスタ宿泊者のみが対象となっていたり。

もうね、期間限定で変わるとか、その年ごとに変わるとか、勘弁してほしいものです。

そういえば、WDWもそうでしたね。

3回行きましたが、もうその都度仕組みが変わっていて、3回目はまったくもって覚えられなかったので、現地ではすべて子どもたち任せでした。

ご老体になったら、とりあえずお金を提供するだけ。

最近はすべてスマホで完結ということが多く、超近視と乱視と老眼のトリプルハンデを持つ私にとっては、画面操作がかなり面倒でもあり。

海外旅行にしても、ディズニーにしても、スマホでどんなふうにやるの?と聞かれるのですが、子どもたちの金魚の糞状態の私には、何も答えられないんです。

私はとにかく旅の手配をして、お金を出すだけの機能しか持ち合わせていなくて、それ以上のことはオーバーワーク判定なんですね。

 

ということで。

アメリカの計画もあるし、何もかもわからないことや不自由なことはすっ飛ばして、楽に行きましょうと考え、今回はなんとはじめてのバケーションパッケージなるものを購入した次第です。

バケーションパッケージとは、ディズニーホテルの宿泊に、パークチケットやアトラクション券やショーの鑑賞券、グッズなどが付いたプランのこと。

当然、お高い設定です。

パッケージプランは何種類かあり、やはり今回の目玉はなんといっても、新エリアに入場でき、しかも新エリアのアトラクションが待ち時間なしの乗り放題だという、うれしいチケットが付いてきます。

ファンタジースプリングスマジックというこのチケットは、このバケーションパッケージ購入者か、このエリアに新しく登場したスプリングスホテルの宿泊者のみが購入できるという、価値の高いシーのワンデーパスポート。

高いのは価値だけじゃなく、金額もなんです。

大人の場合、22,900~25,900ですって。

これを買わないと、この新しいエリアには入れないの?

いやいや、そんなことはありません。

普通のシーのワンデーパスポートでも入ることはできます。

シーに入園後に、アプリから無料のスタンバイパスか、有料のプレミアアクセスを取得

すれば、このエリアに入って楽しむことはできます。

ただ、数に限りがあるらしく、入園後にあっという間に無くなってしまうということで、早く入場したもの勝ちなんですね。

だから、先ほど書いた、ハッピーエントリーが付いてくるミラコスタか新ホテルのいずれかに泊まって、他の人よりも15分早く入場できれば、この早い者勝ちサービスをゲットできる確率が高くなるわけです。

いやはや、これはもう戦に行くようなもの。

いかに安く、いかに効率よく、自分の望んだディズニーバケーションを過ごせるか。

たった1日のために、多くの人が戦術を練って挑むのがディズニーなんですね。

 

というわけで、ご老体が先陣である我が家、こんな力はもはやありません。

労力がなければ、お金を出して勝つことを選ぶのみで。

我が家の今回の目的は、なんといってもこのエリアに入ること。

それならば、高額覚悟で、もうバケーションパッケージ一択となります。

結論が出たところで、バケパにはじめての挑戦です。

まずはディズニー公式サイトを開きます。

ここで、予約に進もうとすると、時間帯によってはこんな画面になってしまい、予約サイトに入るのも大変。

https://reserve-q.tokyodisneyresort.jp/

数日前からは、待ち時間1時間なんてのが、ざらに出てきて。

どんだけ多くの人がこのサイトを開こうとしているのかってことですね。

恐るべしです。

 

そして、予約画面が出てきたら、ホテル予約なのか、バケパ予約なのかを選択して、進んでいきます。

当然、ここで新しいホテルであるスプリングスホテル単体の宿泊予約をする方が、お得なんです。

なぜならバケパは高額だし、自分たちにとって不要なものも付いてきたりするので。

我が家の場合でいうと、ショーの鑑賞券は要らないし、グッズとかも興味が無い。

でも、これらがもれなく付いてきてしまうのがバケパ。

できればシンプルに、新しいホテルの宿泊予約をして、2万円のファンタジースプリングスマジックを購入すれば、これで目的は達成できるし、断然安くていいんですけどね。

それを目指して頑張ってキャンセル狙いをするのですが、この新ホテルにはまったく空きが出ないんです。

これはもしかして、意図的に操作されているんじゃないかっていうくらい。

こうして毎日毎日、空きをチェックすることにも疲れて、結局もうお金さえ出せばいいやという哀れな発想になり、ストンとバケパに落ちていくという構図が、オリエンタルランド社にはお見通しなのでしょう。

まあ、我が家は仕方なくの初めてのバケパなので、こんな敗戦ムードを感じますが、もうバケパ大好きというファンもきっと多く居るはずで、我が家だって、体験後は、これ正解だったということになるかもしれませんからね。

いずれにせよ、選んだのは自分なので、楽しむことに専念しましょ♪

 

予約画面でバケパを選択すると、何種類かのパッケージが選べるようになっています。

我が家はショーにもグリーティングにもあまり興味が無いので、比較的そういう要素の薄いものにすると、「はじめてのバケーションパッケージ」というプランになりました。

料金は、ひとり71000円からです。

1カ月ほど前に、とりあえず予約してみたプランは、トイストーリーホテル宿泊で、2つほどのレストランの食事を付けて、ひとりあたり89000円となりました。

変更は3週間前までなら幾度となくできるのですが、なんとバケーションパッケージって、予約時に全額支払いなんです。

これまでホテル宿泊は何度もしてきて、予約時には3万円ほどの予約金を支払えばよかったので、気軽に変更できました。

でも、バケパは人数が多ければ多いほど大きな金額になるので、それを何度も変更するのは躊躇がありますね。

クレカ支払いなので、金額変更がある度に、一旦引き落とされた金額が戻り、また新たな金額が引き落とされてという繰り返しになりますから。

結局私も変更はしたので、なんだかクレジットカード会社に申し訳ないような気にもなりました。

こうして、はじめて予約を入れてからも、3人でいろいろと意見を出し合い、結局新しいホテルにもどうせなら泊まりたいよねということになり、ここに空きが出るのを毎日のようにチェックしていたところ・・

出ました!

まあ、ちょっと希望日とはズレましたが、もうこの辺は仕方がないこと。

新しいホテルと、その中のレストランの朝食なども付けて、ひとり107300円となりました。

いやいや、恐るべしディズニー。

このプランの詳細については、また後ほど書き込んでいきますね。

 

にほんブログ村 旅行ブログへ  にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ にほんブログ村 主婦日記ブログへ

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 人生を楽しむへ
にほんブログ村