ram-cafeクラブ

今どきニュース・旅行記・大学生&社会人の子ども情報など、50代女子のよろずブログ。

近況、そしてアメリカのプランニング

先月仕事を辞めた娘が、再就職を決めました。

思えば、在学中に大学職員の内定を蹴ってから、迷える子羊状態が続き、とりあえずバイト、とりあえず就職となり、今ようやくここで、しっかりとした道に進むことができた感じです。

娘は、英語で日常会話程度なら問題がないので、それを活かして、就職後も英語力をもっと伸ばしていける仕事に就きたいと考えていましたが、今回は、どうやらそれに近い勤務になりそうで、家族皆でもう大喜び。

ただ、これまでとは違い大きな企業なのはうれしいのですが、仕事もハードになるでしょうし、国内外の転勤もありそうなので、母娘共に少し不安な部分もあります。

でも、ようやくつかんだ場所なので、まずはどんと前に進もうとふたりで話しました。

9月にアメリカ旅行があるため、それを考慮していただき、帰国後に入社となります。

息子の就職では、皆で引越しをした我が家。

娘の就職で、今度はどんな形に変わっていくのか。

時は止まらずに流れていくものなので、やっぱりこうして一緒に居られる時を大事にして、もうこれ以上はないというくらい子どもに孝行をして、後悔のない親人生を歩みたいと思っています。

 

息子はというと。

最近ちょっとしくじりをしたようで、仕事について少し悩んでいたようです。

俺には合っていない仕事なんじゃないかと。

それはきっと、結果の見える仕事じゃないからだと。

例えば、営業なんかは、自分の成果がしっかりと判る。

でも、公務員の仕事って、目の前にある業務がいったい誰の為なのか、うまくいっているのか、まったくもってわからない。

いずれ、まわりまわってここに活かされたか・・と目にすることもあるかもしれないが、それは確実ではないし、それに気づかないかもしれない。

そんなことをふと考えて、なんだかなあと思ってしまうということ。

なるほどね。

私や主人は今、自分たちの会社の利益を追求していて、その成果はそのまま自分たちの生活に直結しているので、そこにやりがいを感じることができる。

娘の今度の仕事も、営業に近いものがあり、頑張った成果は結果として自分で見ることができるはず。

それに比べて、たしかに息子の仕事は、そういった意味でやりがいに直結する成果を感じることがないものかもしれないなあ。

そうそう、子育てなんかもそんな感じですね。

子ども孝行と書きましたが、生まれてからずっと、この子たちが不幸にならないよう、道を間違えないよう、注意深く手を引いてきました。

これが私の一生の仕事と考え、プロになるんだと心に決めたはるか昔から、今はさすがに衰えはあるものの、気持ちだけは続いています。

私の子育てのモットーは、「ゆっくりでもいいから、いっしょに歩いていこう」。

いっしょに歩くことが今もできているし、子どもたちも道はたぶん間違えずに来たし、おそらくだけど、息子の言う「成果」というものを、私自身は十二分に感じています。

長い長い道のりでしたけどね。

でも、子どもたちが不幸にならなかったかと言えば、それは違ったかも。

子どもたちには、多くの夫婦間の言い争いを見せてきたし、それなりに気苦労を与えてしまった気がするし。

なにより、息子が病気になったこと。

これは最大の不幸でもあるので、私の実際の成果としてはやっぱり実質半分ですね。

なのでまだまだ、子ども孝行を続けるつもりではあります。

20代の息子に、仕事の成果だとかやりがいだとか、それを見出すことは難しいのかもしれません。

働く意味とか、もっと言えば、生きている意味とか。

まあ、その答えを探すことが人生でもありますけどね。

 

娘と息子の近況報告のあとは、私のこと。

還暦を迎えたということで、なんと35年ぶりくらいに高校の同級生たちとプチ同窓会をしました。

プチもプチ、たった4人ですからね。

同じ部活動の仲間です。

35年ぶりでしたが、顔を見たら昔のまま。

だからすぐに誰だとわかります。

昔の顔が、そのまま老けたって感じだから。

いやいや、でもね。

めちゃくちゃ懐かしかったのはいいけれど、話す内容が昔過ぎて、もうこういう話題はいいかなと、正直思っちゃいました。

○○くんとか、○○先輩とか、固有名詞を出されても、ちんぷんかんぷんのうえ、もう何の興味もない。

私自身は、過去をそのままポイと捨ててきているので、同窓会というものには全く興味なく、これまで一度も参加したことがありませんでした。

でも、部活動で密に過ごしてきた仲間だったので、ぜひ会いたいと思い、とても楽しみにしていたのですが、やっぱり昔の話だらけだとなんだかね~って感じてしまって。

それとね、ローカルなんです、話題の中心が。

地元の話題が多くて、そこからすでに抜け出している私からすると、生きている場所が違うので、どうしてもそこにギャップがあって。

彼女たちもその場所が好きだから、私が反応が薄くても構うこともないし、逆に私のお町的な話題にも興味がないので別に食いついてくることもないし、そこには埋まらない溝があって、それに対してはお互い完全にスルーで。

35年という時間は、こういうギャップを生むし、これを無視しないと楽しくは過ごせないんだなあと、深く感じた時間でした。

まあ、奇行ばかりだった私の話で盛り上がりましたが、唯一面白かったのはそれだけかなあ・・

今を生きている私に、過去はやっぱり不要なようで。

そう言ってしまう私は、なんだか悲しい人間でもありますかね。

 

という、冷めきった私を熱くさせるのは・・

そう、旅行の話。

ようやくようやく、アメリカ旅行に着手し始めました。

来月のディズニーに少し気を取られ、そのあとアメリカ旅行のためにクレカの整理を始めてしまい、結局未だホテルを全部予約しきれていません。

旅行サイトによって、結構な料金差があったり、ある程度のランクのホテルにするのなら、クレカのコンシェルジュやホテル直接のステータスを利用した予約方法などの方がメリットがあったりもするので、1軒の予約をするのにかなりの時間を要しています。

予約したものの、ちょっとした記事やコメントが目にとまり、やっぱりやめようかなあってなったり。

それと同時に、最後の2日間、どんなふうに過ごすかに迷いが出てきてしまい、もうすでに数日間、何も進んでいない状況。

なんだかんだ、3か月を切ってしまっているので、しっかりせーよ!と自分に言いたいところですが。

バイタリティの目盛りが明らかに低くなってきたのを感じますね。

悩んでいるのは、サンタモニカに行くか、セドナに行くか。

数年前に数時間だけ過ごした、サンタモニカのビーチ。

ドライブを終えて、レンタカー返却の空港に向かう途中にある、セドナ。

https://visitsedona.com/

どちらもわずかな時間しかいられないのですが、どちらに比重を置くかで、ここからずっと進めなくなっています。

数年前までは、意欲的にどちらがいいかを真剣に取り組んで、長い時間をかけてもきちんと結論を出していましたが、今はいろんな種類の検索をかけたりすると、疲れを感じてしまって休憩に入り、そのせいでいっこうに結論が出ない長い時間を過ごしています。

そのうえ、年末のドイツの予定と、少々頭の中でこんがらがっている模様。

老いが確実に私に迫ってきていると感じますね・・

何はともあれ、日程表だけはもう仕上げないとまずいので、なんとか今月中には最後の2日間の予定を決めたいと思ってはいます。

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 人生を楽しむへ
にほんブログ村